東日本大震災から 7 年目

ニューヨーク在住の私は Facebook をとうして日本語を教えています。このプロジェクトは、生徒の一人だったマジットさんが素晴らしい作曲家でもあったことが機となり、震災から7年目に寄せて、コラボレーションをして、日本に愛と癒しのメッセージを動画を通じて発信するはこびになったものです。このビデオは私の日本語での挨拶です。

彼の素晴らしい音楽に載せた動画 (下)を是非ご覧下さい。ビデオの編集もマジットさんがされました。全動画を視聴される場合、始まりに震災の様子を編集していますので、心のストレスを感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、事実を世界に残して行く事の大切さを考慮しました。マジットさんの音楽は癒しの力がこもっています。私のヒーラーとしての自作の詩も編集しています。この作品をとうして、ご遺族の方々の心の癒しの助けになる事を願ってやみません.


I teach Japanese language through Facebook business page. Mr.Madjid was one of the dedicated students. When we found out that we both share the common interests and profession ( love for Japan & music), as the seventh anniversary of the 2011 Japan calamity was approaching, we collaborated to create this music video. This is my greeting in Japanese. 

Mr. Madjid is a very talented young composer whom I feel privileged to work with. The beautiful work in editing the video footage was also done by Mr Madjid.

We'd like to warn you however, that there are scenes from the actual disaster at the beginning of this piece. We feel it is important to include it with the hope that the world remembers what happened to Japan. Mr.Madjid's music is infused with healing. My poem as a healer is also edited in. It is our wish that this music video will bring healing to bereaved families in Japan.